Tag : 地デジ  Category : Diary  Date : 2011.07.13  Edit

以前から NHK総合 と サンテレビ が映らないと思ったら。こういうことだったのかと。

-----
NHK大阪放送局は、来月24日のテレビの地上デジタル放送への完全移行後に、大阪府と兵庫県の約6万世帯が、NHK総合の電波を受信できない恐れがあると発表した。約6万世帯は平成15年の地上デジタル放送開始以前に、VHFとUHFの電波が受信可能なアンテナを設置。このアンテナには、不要な周波数をカットする「混合器」が装備され、NHK総合が受信できない可能性があるという。
-----

ほぼ15年前のことなのでうろ覚えだが、アンテナ設置工事の人が「テレビ大阪とサンテレビ、どっちを映るようにします?」って聞かれたような記憶が。その後サンテレビは映らないまま、NHK総合とテレビ大阪は映っていた。

2年ほど前にデジタルTVを買ったが、地デジでは NHK総合 も サンテレビ も映らない。ということで、後10日で NHK総合 が映らなくなるわけで…。 アンテナ、NHK受信料、マジキチ。

以下、詳細記事コピペ。


NHK大阪放送局によると、視聴困難の恐れがあるのは平成15年の地上デジタル放送開始以前に、VHFとUHFの両方の電波を受信できるアンテナ(UV共用アンテナ)を設置した世帯だ。

 関西地区では、全国系列の民放局のうち、テレビ大阪がUHF、他がVHFに分かれており、送信所がいずれも生駒山にあるので、一般的に共用アンテナが使われる。

 「さらに、関西には独立U局のサンテレビがあります。サンの売り物は何といってもタイガース戦。電器店などは共用アンテナ購入者には気を利かせて、サンも受信できるUHFアンテナをその上に付けてセット売りにして、爆発的に広がりました。これが結果的に問題となったのです」とある在阪局の担当者。


こうしたアンテナを設置した各世帯では、共用アンテナは生駒山へ、サンテレビ用のUHFアンテナは送信所のある神戸・摩耶山へ向ける。ところが、2種類のUHFアンテナが微弱ながら互いの電波を受信し混信の原因となる。そこで、不要な周波数をカットする装置も一緒に備えられている。

 その周波数帯に、デジタル放送のNHK総合とサンテレビの電波が重なり、カットされてしまったことが、両局もしくは1つの局が映らない問題を引き起こした。NHK教育(Eテレ)やサンテレビ以外の民放局が受信できない場合は別の理由が考えられる。

 UV共用アンテナを使用する集合住宅は現時点でほぼなく、対象はあくまで戸建て住宅。アンテナを交換するか、ケーブルテレビに加入することで視聴できるという。NHK大阪の同局技術担当者は「これまで積極的に広報活動をした結果、問い合わせが急増しており、7月24日にはほぼ解消できると考えています」と話す。

 ただ、アンテナ交換などの出費を理不尽と思う人がいるのも事実。NHK総合が映らないという兵庫県西宮市に住む主婦(46)は「頼んでもいないのに地デジになって、NHK総合を見るだけのためにアンテナを買い替えるなんて割に合わない。近所には、映らないんだからとNHKとの契約を打ち切ったお宅もあります」とやり場のない怒りを口にした。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110614/biz11061411330007-n2.htm

コメント (0) トラックバック (1)
Comments
Comment Form
名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Trackback URL
http://blog.seesaa.jp/tb/214684968
Trackbacks
2011年7月のアクセスランキング&地デジアンテナ問題
完全地デジ化から1ヵ月が経ちましたが、大阪の我が家では今、NHK総合テレビとサンテレビが一部の部屋で映らないという問題に直面しております。我が家では大丈夫だと思っていたのですが、どうも生駒山へ向けるUHF・VHF共用アンテナとサンテレビ用に神戸の摩耶山…
2011/09/06 00:30 極もん底値ブログ